あおいのブログ

ゆとり世代のシングルマザーが、日々想うこと。

副業と呼ばれるものこそ、本業にしたほうが成功する

先日、私は1歳の息子を母に預けて、カフェが併用されている本屋さんに行きました。

f:id:mm-0914-0527:20170527152012j:plain

1ヶ月ぶりに息子と3時間ばかりのお別れ。

シングルマザーにとって、ゆっくりコーヒーを飲みながら本を読むって言うのがどれだけ幸せなことか・・・涙

 

ここはゆっくりファッション雑誌でも〜とペラペラと眺めたいところですが、自分でビジネスをしたいと考える私にとって、「貴重な時間こそ、意味のある情報を得たい!」と目を凝らして本のタイトルを眺めます。

 

自己啓発本コーナーにおなじみの、堀江貴文ホリエモン)さんの本を発見。

 

「よし、、、自己啓発しちゃるぞ〜〜〜」と、数冊速読しました。

 

本業+副業が理解できない!??

堀江さんの本を読んでいて、目に留まった言葉。

 

「なぜ、本業(安定した収入)に加えて副業をしようとする人が多いのか・・・僕には理解できない」と。

 

 

確かそんな感じ↑

(私は小説以外はザクザク目に止まったものだけ頭にインプットするので、細かい言葉までは覚えていません。笑)

 

堀江さんは理解できん!!と書いていましたが、まぁ、大体の人はそうだと思います。

 

確かに私の周りにも、そう言った人が多い。

 

本業(会社員とか)をしつつ、副業をして、そのままフェードインフェードアウトで本業にする!

 

ならまだしも、「固定された収入(月給)にプラス数万円足しになるものがしたい」と言う人が圧倒的に多いんですよね。

 

まぁ、わかります、、、だっていきなり毎月入っていた何万円ものお金がぱったり無くなる!と思うと不安で仕方ありません。

 

どうしても守りに入ってしまいます。

 

一つのことに注いだ方が成功する

安定した収入+副業でずーーっと働くとします。

 

それが例えば「すごく好きな仕事でやめたくない!だからこっちも好きだけど平行してやりたい」ならいいんですが、

 

大体の場合は「本業は好きな仕事じゃないけれど、やめてしまうと不安だし、1日2時間くらい好きなことで数万円収入が得れたらいいな」っていう感じなんですよね。

 

そんなのダメだよ!!!!

とは思わないけれど、保守的だなぁと思います。

 

著書で堀江さんも言っていたのが、

 

「そんな片手間で副業程度で〜なんて言っている人からものを買ったりする気になれない、ていうかそんな程度じゃ成功するわけない」

 

と言うこと。(うん、確かそんな感じw)

 

「あ、これ私副業なんで、、、、素人なんで、、、」と言う人が作ったり情報発信したものは

私はこれで食っているから」と言うガチ勢にはかなわない気がします。

 

むしろ、そんな平行して2つのことが同時にできるほど器用なら、1つに絞っちゃえばいいんじゃない!??と思うんですよ。

 

そんな簡単に言うな!」と思われるかもしれませんが、私は今まで1つ始めたい時には1つ辞めて来ました。

 

もちろん、不安はあったけれど

ずっと「これがしたいのに本業をしながらじゃないと不安」と思いながらやるのも心が不安定です。(どっちにしても不安なんですw)

 

何事もリスクがあるから面白い

 

 

 

ちなみに「家族がいるからそんな挑戦的な事はできない」という人も多いかと思いますが、今の時代は「初期投資ゼロ」で起業できちゃいますし、失敗したらまた仕事探せばいいじゃないですか、バイトすればいいじゃないですか。

 

日本にいる限り死ぬことはないんで大丈夫です。(私はそんくらいゆるい人間です)

 

なんなら自分はシングルマザーなので、自分が失敗したり病気しても守ってくれる旦那もいません。

 

なぜか「会社員を辞めて起業する」と言った選択肢を取ると、ギャンブル的な意味で捉えられがちな気がします。

 

でも、私からすると、「好きでもない仕事をして疲弊しながら、残りの時間を削って副業をする」と言う方が、体もしんどいし心もしんどい。

 

好きでもない仕事を定年まで続けて、ストレスで病気になったりしちゃったら、それこそギャンブル・・・って言うかリスクが高い気がします。

 

私は今、安定していた収入を捨ててこのブログを書いたり、他にやりたいことに注いでいます。

 

prima.hatenadiary.jp

 

ハンドメイド作品でオリジナリティを出したいなら

「気に入ってもらいやすいデザインはどんなのがいいですか?!」

「これから作家として頑張ろうと思っています!」

f:id:mm-0914-0527:20161217002920j:plain

私は「アクセサリーの台紙」という隙間産業のようなネット販売をしていましたが、こういった作家さん達がたくさんいらっしゃいました。

 

「え、私に相談しちゃう?」

 

という内容までありました。(私はアドバイザーではございません笑)

 

たかが台紙屋さんの分際で、「こうやったらいいと思います!」なんてアドバイスまではしません。と言うかできません←

 

ですが、「うーん、ここはこうやった方がいいんじゃないかな」と思うところはたくさんあるのです!

 

まず、これだけ山ほど作家さんがいる中で、戦場を勝ち抜かないといけません。

 

  • SNSで拡散する、ブランディングする。
  • クオリティを上げる
  • 継続して新作をアップする・・・など。

 

ですが、そんなことはみんな同じよ〜にやっている訳で。

じゃあ、何で差をつけるかって言ったら、、、

皆さんもお気付きであろう、オリジナリティを出す

というところになって来ますよね。

 

まず、オリジナリティ溢れる作品を作るにあたって、一番手っ取り早い方法は「素材から生み出す方法

 

素材から生み出す?

え、もしかして天然石を掘り出す??布を糸から織り込む??

 

もちろんそんな事まではできません。

個人でそんな事までしてたら脱帽です。笑

 

アクセサリーで例えてみると

  • プラ板に着色・絵を描く
  • 刺繍をする
  • ポリマークレイで形作る
  • 真鍮から作る・・・など。

 

素材から生み出すって言うのは

「丸カンやチェーンを通せば完成!」と言う状態のものを使うのではなく、

形がないものから作るイメージです。

 

もちろん、インポートで買い付けたパーツや、こだわった天然石などを使うと、他と差をつけることはできます。

 

ただ、どこにでも売っているものを組み合わせていると、こんなことが発生します。

 

「めっちゃパクリだわー。パーツ全く同じ!色も同じだし、ほんとやめて欲しい」みたいなPostをある日インスタで発見しました。

 

どうやら同じような作品を見つけてお怒りのよう。

 

そりゃそーだぜ、だって見たことあるアクリルビーズをピンに通しただけ・・・だもの。

 

大手の素材屋さんや手芸用品店で販売しているパーツは、必然的に被っちゃう訳ですよね・・・

 

こう言うことってハンドメイド業界のあるあるで、Yahoo!知恵袋なんかでも「パクられました!どうしたらいいですか?」みたい事を質問してらっしゃる方もいます。

 

でも、形がないものから「自分のパーツを作る」ことができれば、こう言ったことはない訳で。

 

100%人と被りたくない!!と思うんだったら、素材から作り出してみると、人とは全く違うものができます。

 

刺繍やポリマークレイなんかは完全に1点ものだし、プラ板に直接色付けしたものも一点ものです。

まさに手仕事

 

さらに、こう言った作り方のメリットとして、「このパーツが手元にないから再販できない!」と言った事態も防げます。

 

さらにさらに、ショップの雰囲気も統一感が出て来ます。

 

一つデメリットとすれば、制作時間がかかる、と言ったところでしょうか。

あとはそう言った素材を扱うのが苦手・・・と言う方もたくさんいらっしゃるでしょうね。

 

しかも量産するのは厳しいので、いろんな箇所でバンバン数を売りたい人には向かないかもしれません。

 

でも、それこそがハンドメイドの価値であると思うので、1個の単価をあげれば問題ないはず。

 

ハンドメイド販売も、立派なビジネスです。

 

どうせなら、他でやっていないことをやりましょう!

 

ちなみにですが、私も台紙のデザインをパクられたことがあります・・・

 

ウォォォォォイ!!!ってなって、ぶん殴り文句言っちゃおうかな・・・って思ったんですが、大人なのでスルーしましたよ。←

 

 

シングルマザーだけど、月給12万円の内職を辞めてブログを書いている理由

ゆとり世代のシングルマザー、あおいです。

突然ですが、1歳の息子を子育てしながら在宅で仕事をしていたわけですが、スパっと辞めてしまいました。

我ながら「うー、、売り上げがあるのにもったいない!!」と想う反面、

「よし、新しい事を頑張るぞ〜」という気持ちでいっぱいです。

フリーランスで時間がない人って、たくさんいますよねぇ・・・私もそうでした。

 

月給12万円?それってどんな仕事?

月給12万円?と聞くと、12万円というお給料をどこからか貰っている、という印象を受けるかもしれませんが、私はフリーランス(自営業)という類になります。

内容は大手ハンドメイド販売サイト、minneで「アクセサリー用の台紙をデザインし、ハンドメイド作家さんに販売する」というもの。

他にもデザインの仕事を平行してやっていたのですが、これが大きな割合を占めていました(今まで頼んでくれていた人、リアルな数字出してなんかすいません←)

f:id:mm-0914-0527:20170524001038j:plain

f:id:mm-0914-0527:20170524001248j:plain

 

↑これらの台紙に、好きなフォントを選んでもらい、それぞれショップ名やURLを入れていました。

 

なぜ辞めてしまったのか

ありがたい事に、売り上げは右肩あがり。

リピーターさんも3割を超えました。

「よ〜し、販売するサイトを増やして、デザインももっと増やして頑張るぞー!」ってやる気満々だったんですが、、、

売り上げが上がるごとに、時間が削られる事に疲れてしまった

売り上げが上がっていくのは良かったものの、「売れれば売れるほど、時間がなくなる」という現象が起こって行きました。

 

注文が入る→サンプルを作り、確認や修正のやりとりをお客さんとする→印刷にかける→梱包発送→発送通知を送る

 

という、「自分が手作りするわけではない」作業でも、1日に20件とか注文が入ればてんやわんや。

 

もちろん、実働8時間!とかでみっちり作業できればいいけれど、1歳児の子育てと家事と平行しながらは大変でした。

 

嬉しい悲鳴というものだから、文句言わずに頑張ろー!って思っていたものの、目を通さずに注文してくる人も多かったんですね。

 

「値段っていくらですか?」

「どうやって注文したらいいんですか?」

 

スマホやそういったネット上でのやりとりが苦手な方もたくさん。

 

めっちゃ質問するけど、結局注文しない、とかはよくある事で。

 

「私のアクセサリーに、ぴったりなデザインを選んでください♫」とか、「デザイン(見本)の中から選べないので、全種類サンプル出して貰っていいですか?」とかもありましたね。汗

中には無言でキャンセルする人も。

 

 

これでは頼んでくれる人がいるから頑張る、以前に「精神状態が保てん!!」と思いました。笑

そしてだんだん、自分のミスも増えて行ったんですね。

あとは、他の方法を模索している途中で業務用プリンターが壊れました汗

他の方法で頑張れや!というお告げだったと思っています。

 

時間がない!だったら悩んでないで解決方法を考える

f:id:mm-0914-0527:20161210005302j:plain

こういう複数の注文に対して、一人で対応していると限界があります。

 

相手は1対1だけれど、私は1対何十人。

これは、営業職をやっていた時にも同じことを経験したので、時間が削られる感覚がとても似ていました。

 

外に出かけてもお客さんとずっとやりとりしている。

朝起きたら、メッセージが来ている。

 

え〜、私、、、なんか休みがないな!

っていう状態に。

 

フリーランスって、自由に仕事してるイメージだったけど、会社に出社して帰ってきたら自由な時間。の方がメリハリがあって羨ましい・・・」

とさえ思うようになりました。

 

ただ、「あおいさんのデザインにして売り上げが上がりました!」

とか「もうここでしか頼みません!これからもよろしくお願いします!」

という声が嬉しくもあり、「簡単に辞めたくないなー」という思いで葛藤していました。

もちろんやっていて楽しい部分もたくさんありましたからねー!

(嫌なことばかりじゃないですよ!)

 

他の方法を考えるようにした

 

「うーん、何かいい方法はないだろうか」

 

そう思った時に、「なぜ、わざわざ個人に台紙を頼む理由はなんだろうか」

という疑問が生まれたんですね。

(自分でやっておきながら、なぜここまで個人の作ったものが売れるのか謎でした←)

 

理由としては

 

スマホでminneなどの販売サイトで、「売る」ことはできるけれど、パソコンを使って台紙をデザインするまでは出来ない人が多い。もしくは、パソコンやプリンターもない。

 

 

が、最もじゃないかと。

 

 

印刷屋さんに頼むのが間違いないけれど、「100枚単位」とかがほとんどで、ハンドメイドを始めたばかりの人がそこまで台紙に投資できるかは微妙。

 

じゃあ、ブログに今までのデザインを公開しちゃえ!

 

しかも無料で←

 

なんなら、パソコンが苦手な人でも「印刷会社に入稿する方法」や、「スマホだけで作れる方法」なんかを自分が記事にすればいいんじゃないかって思ったんですね。

 

みんなー、こうやったら誰でも出来るよ〜、どうぞ使ってくださ〜いって。

 

「無料公開とか、あおいさんめっちゃいい人!」

 

って、思うかもしれないけれど、私は私でアドセンスの広告収入が入ればいいかな、とかそこはちゃっかりしています。

 

(「ブログで稼ぐ」と言うのがよくわからない人はGoogle先生に検索して聞いてみて!)

 

行き詰まっているフリーランスは、思考を変えるべき

 

とは言っても、私はまだこのブログのアクセスを集めてられているわけではないです。

だから偉そうには言えないけれど

 

  • ハンドメイド作品を売るだけじゃなく、作り方をブログで公開する、またはYoutubeにアップする
  • 一人一人にデザインを作るんじゃなくて、素材サイトを作る
  • 自分の仕事のノウハウを電子書籍にする

 

という方が合理的だったりするのは間違いない。

 

これが一番いい方法!とは一概には言えないけれど、時間が無くて私みたいにぬあぁぁぁぁってなっている人は思考を変えてみて欲しいなと。

 

 

では!!