あおいのブログ

ゆとり世代のシングルマザーが、日々想うこと。

副業と呼ばれるものこそ、本業にしたほうが成功する

先日、私は1歳の息子を母に預けて、カフェが併用されている本屋さんに行きました。

f:id:mm-0914-0527:20170527152012j:plain

1ヶ月ぶりに息子と3時間ばかりのお別れ。

シングルマザーにとって、ゆっくりコーヒーを飲みながら本を読むって言うのがどれだけ幸せなことか・・・涙

 

ここはゆっくりファッション雑誌でも〜とペラペラと眺めたいところですが、自分でビジネスをしたいと考える私にとって、「貴重な時間こそ、意味のある情報を得たい!」と目を凝らして本のタイトルを眺めます。

 

自己啓発本コーナーにおなじみの、堀江貴文ホリエモン)さんの本を発見。

 

「よし、、、自己啓発しちゃるぞ〜〜〜」と、数冊速読しました。

 

本業+副業が理解できない!??

堀江さんの本を読んでいて、目に留まった言葉。

 

「なぜ、本業(安定した収入)に加えて副業をしようとする人が多いのか・・・僕には理解できない」と。

 

 

確かそんな感じ↑

(私は小説以外はザクザク目に止まったものだけ頭にインプットするので、細かい言葉までは覚えていません。笑)

 

堀江さんは理解できん!!と書いていましたが、まぁ、大体の人はそうだと思います。

 

確かに私の周りにも、そう言った人が多い。

 

本業(会社員とか)をしつつ、副業をして、そのままフェードインフェードアウトで本業にする!

 

ならまだしも、「固定された収入(月給)にプラス数万円足しになるものがしたい」と言う人が圧倒的に多いんですよね。

 

まぁ、わかります、、、だっていきなり毎月入っていた何万円ものお金がぱったり無くなる!と思うと不安で仕方ありません。

 

どうしても守りに入ってしまいます。

 

一つのことに注いだ方が成功する

安定した収入+副業でずーーっと働くとします。

 

それが例えば「すごく好きな仕事でやめたくない!だからこっちも好きだけど平行してやりたい」ならいいんですが、

 

大体の場合は「本業は好きな仕事じゃないけれど、やめてしまうと不安だし、1日2時間くらい好きなことで数万円収入が得れたらいいな」っていう感じなんですよね。

 

そんなのダメだよ!!!!

とは思わないけれど、保守的だなぁと思います。

 

著書で堀江さんも言っていたのが、

 

「そんな片手間で副業程度で〜なんて言っている人からものを買ったりする気になれない、ていうかそんな程度じゃ成功するわけない」

 

と言うこと。(うん、確かそんな感じw)

 

「あ、これ私副業なんで、、、、素人なんで、、、」と言う人が作ったり情報発信したものは

私はこれで食っているから」と言うガチ勢にはかなわない気がします。

 

むしろ、そんな平行して2つのことが同時にできるほど器用なら、1つに絞っちゃえばいいんじゃない!??と思うんですよ。

 

そんな簡単に言うな!」と思われるかもしれませんが、私は今まで1つ始めたい時には1つ辞めて来ました。

 

もちろん、不安はあったけれど

ずっと「これがしたいのに本業をしながらじゃないと不安」と思いながらやるのも心が不安定です。(どっちにしても不安なんですw)

 

何事もリスクがあるから面白い

 

 

 

ちなみに「家族がいるからそんな挑戦的な事はできない」という人も多いかと思いますが、今の時代は「初期投資ゼロ」で起業できちゃいますし、失敗したらまた仕事探せばいいじゃないですか、バイトすればいいじゃないですか。

 

日本にいる限り死ぬことはないんで大丈夫です。(私はそんくらいゆるい人間です)

 

なんなら自分はシングルマザーなので、自分が失敗したり病気しても守ってくれる旦那もいません。

 

なぜか「会社員を辞めて起業する」と言った選択肢を取ると、ギャンブル的な意味で捉えられがちな気がします。

 

でも、私からすると、「好きでもない仕事をして疲弊しながら、残りの時間を削って副業をする」と言う方が、体もしんどいし心もしんどい。

 

好きでもない仕事を定年まで続けて、ストレスで病気になったりしちゃったら、それこそギャンブル・・・って言うかリスクが高い気がします。

 

私は今、安定していた収入を捨ててこのブログを書いたり、他にやりたいことに注いでいます。

 

prima.hatenadiary.jp